Steam 版 MONSTER HUNTER WORLD で CPU 使用率を劇的に下げる方法

2018年08月22日
MONSTER HUNTER WORLD
0

Steam 版 MONSTER HUNTER WORLD をプレイするとどんな場面でも、CPU 使用率が常時100% 近く張り付いてしまう現象がありました。(CPU は Intel Core i5 3570、4コア 4スレッド、3.4GHz 固定、ターボブーストや省電力機能はオフ、OS は Windows 7 64bit)

MHW 問題まとめにあった CPU 関係 のところを見ると、カプコンのアンチデバッグコードやマルチコア CPU の最適過不足(無駄な処理の発生)が原因で CPU 使用率が異常に高くなってしまうようです。

この問題は Special K という海外の非公式 MOD を導入することで改善できるとの情報を見つけたので導入してみました。

ゲームや MOD の仕様変更やバージョンアップ、Windows OS のアップデートにより動作しなくなったり、不安定になったりその他問題が発生する可能性があります。Windows 7 だと特定の MOD バージョンでは動作しない問題が報告されているので、MOD 導入は自己責任でお願いします。

関連記事
Steam 版 MONSTER HUNTER WORLD で CPU 使用率を劇的に下げる方法
スポンサーリンク

参考 URL

MONSTER HUNTER WORLD に Anti-Debug Killswitch が実装された Special K を導入することで CPU 使用率が改善した というネット情報を見つけました。

Anti-Debug Killswitch が実装された Special K のバージョンは 0.9.24.25 から のようです。

Steam 版 MONSTER HUNTER WORLD で CPU 使用率を劇的に下げる方法、Special K バージョン 0.9.24.25 ダウンロード

ここから Download and Install にある 「this archive」 リンクをクリックして Special K をダウンロードします。

なお、Windows 7 では Special K 導入後ゲームを起動するとエラーメッセージが表示されて起動できない という報告があります。

Special K 導入後起動できない原因はバージョン 0.9.24.26 で発生するようです。前バージョンの Special K 0.9.24.25 を使えば起動できる ようになります。

バージョンの確認方法は Special K の Version フォルダにある repository.ini ファイル内に記載されています。

Special K 公開元は常に最新版を公開 しているため、旧バージョンを使用したい場合は今のところ ここから ダウンロードするしかないと思われます。

Steam 版 MONSTER HUNTER WORLD で CPU 使用率を劇的に下げる方法、Special K バージョン 0.9.24.25 の dxgi.dll ファイル、dxgi.pdb ファイル、Version フォルダをゲームフォルダにインストール

ダウンロードした Special K を展開・解凍して dxgi.dll ファイル、dxgi.pdb ファイル、Version フォルダを MHW がインストールされたフォルダに入れます。なお、Special K の動作条件に Visual C++ 2017 runtime がインストールされている必要があります。

Special K インストール後 MHW が起動できなくなった場合は手動でファイルを削除してください。

Special K をインストールした状態でゲームを起動すると dxgi.ini が自動的に生成されます。Special K を手動でアップデートしたり、グラフィックス関係の Mod を導入した場合に起動できなくなることがあります。その場合は dxgi.ini を削除 することで起動できる可能性があります。

ちなみに Special K の設定ファイルはマイドキュメントに保存%USERPROFILE%\Documents\My Mods\SpecialK) されています。

Special K 導入の有無かかわらず Fatal error. E_INVALIDARG : IDX11Device CreateBuffer エラーが発生 した場合ですが、MHW インストールフォルダにある graphics_option.ini を削除して、Steam ライブラリから 「ゲームファイルの整合性を確認」 を実行するのが解決策 となっています。

graphics_option.ini の設定がおかしいと発生するエラー のようです。

Steam 版 MONSTER HUNTER WORLD で CPU 使用率を劇的に下げる方法、ゲームを起動すると Special K も同時に起動

Special K インストール後、MONSTER HUNTER WORLD の起動が成功すると、画像のように画面上部にメッセージが表示されます。

Steam 版 MONSTER HUNTER WORLD で CPU 使用率を劇的に下げる方法、Special K 起動後の License Agreement 画面、Accept をクリック

画像は Special K 初回起動時に表示される License Agreement 画面です。Accept をクリックします。Decline をクリックするとゲームが終了します。

Steam 版 MONSTER HUNTER WORLD で CPU 使用率を劇的に下げる方法、Special K バージョン 0.9.24.25 MONSTER HUNTER: WORLD タブ、Special K バージョン 0.9.24.25 より Anti-Debug Killswitch が搭載、Anti-Debug Killswitch にチェックマーク(□の中に■がある状態)があることを確認、Special K の設定画面は Ctrl + Shift + Backspace キーを押して開く

Special K の設定画面は Ctrl + Shift + Backspace キーを押すことで表示できます。

MONSTER HUNTER: WORLD タブを開くと、デフォルトでは 「Limit Job Threads to number of CPU cores」 と 「Anti-Debug Killswitch」 にチェックマーク(□の中に■がある状態)がついていて、たいていの場合はこの時点で CPU 使用率が改善されているはずです。

今回の記事では MONSTER HUNTER WORLD に Special K バージョン 0.9.24.25 をインストールして CPU 使用率を改善することができました。

ただ、Mod のバージョンアップがひんぱんにあるため、バージョン 0.9.24.26 では Windows 7 では動作しなかったりと MOD を導入するタイミングや PC 環境によっては不安定になることがあります。

今後、ゲーム側のアップデートでゲーム自体が改善されたり Mod が使えなくなる可能性もあるので、Mod を導入して使用し続ける場合は十分注意してください。

関連記事

awgs
Posted by awgs

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

英数字フィルタ、URL フィルタ、おまかせ禁止ワードを有効にしています(詳細)コメントの内容によっては削除することがあります