2019年8月分の Windows Update を更新したときのメモ

2019年08月28日
Windows Update
0

前回の Windows Update 記事 では 2019年7月分公開の Windows Update 更新プログラムのインストールや、不要な更新プログラムはインストールせずリストから非表示にした記事を公開しました。

今回の記事でも 2019年8月分公開 Windows Update 更新プログラムを入れるにあたり、ネット上にある情報と照らし合わせて、インストールした・しなかった更新プログラムの内容をまとめてみました。

前回に引き続き使用している PC 環境(Windows 7 64bit Pro) では、Windows Update によって起きるトラブルを回避するため自動更新を切っている状態となっています。

基本的に更新プログラムの公開日からある程度様子を見た後に問題ないと判断できたら、「手動」 で Windows Upsate で公開された更新プログラムを必要に応じて順次アップデート、または 必要な更新プログラムをネットからダウンロードしてインストール するようにしています。問題のあると判断した更新プログラムは保留または個別に非表示設定をしています。

なお、過去に公開された一部の更新プログラムは、インストールせず非表示で対応したものがあるため、本来表示されるべき更新プログラムが、記事内では最初から非表示となっていることがあります。

関連記事
2019年8月分の Windows Update を更新したときのメモ

Windows Update (Win 7 64bit) 2019年8月分 更新プログラム(重要、オプション)

Windows 7 64bit Windows Update 重要 2019年8月分リスト KB4512506 非表示

画像は 2019年8月に公開された Windows Update 更新プログラム(重要)リストです。

Internet Explorer 11 用セキュリティ更新プログラムが配信されている場合、私が使っている PC では Internet Explorer 11 はインストールしていないため、Windows Update 上では表示されないようになっています。

2019年8月分 Windows 7 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4512506) は非表示にしてインストールしません。

当初公開されていた Windows 7 用 2019年8月分セキュリティのみの更新プログラム (KB4512486) は Visual Basic (VB) 関連の不具合があるため、修正版の Windows 7 更新プログラム (KB4517297)Windows Update カタログからファイルをダウンロード してインストールします。

なお、マイクロソフト公式フォーラムより PC 環境によっては 2019年8月公開された更新プログラムを適用した場合、Windows OS が正常に立ち上がらない場合があるという発表がありました。リンク先に発生条件と回避策に事前回避方法および現象発生後の回避方法についての説明があります ので、ご確認ください。

私の PC 環境では発生条件と回避策の事前回避方法を確認しながら Windows Update を行いました。

更新プログラム(重要)の詳細な情報については参考サイトからご確認ください。

2019年8月分 Windows Update 非表示にした更新プログラム(重要)
参考サイト
Windows 7 64bit Windows Update オプション 2019年8月分リスト KB4512514、KB4512193 非表示

こちらの画像は 2019年8月公開分 Windows Update 更新プログラム(オプション)リストです。

基本的にオプションプログラムは入れないことにしておりますので、2019年8月公開分 Windows Update 更新プログラム(オプション)のインストールは不要と判断してすべて非表示にしました。

更新プログラム(オプション)の詳細な情報については参考サイトからご確認ください。

2019年8月分 Windows Update 非表示にした更新プログラム(オプション)
参考サイト

Windows Update (Win 7 64bit) 2019年8月 Windows 7 64bit 向けセキュリティ更新プログラム KB4474419 インストール

2019年8月 x64 ベース システム用 Windows 7 向けセキュリティのみの品質更新プログラム (KB4474419) インストール、再起動あり

私の PC 環境では 2019年8月公開の更新プログラムを適用した場合に Windows OS が正常に起動しない発生条件 を満たしておらず、特に対策する必要がない環境になっていました。

また、回避策にある事前回避方法の条件 である KB4474419、KB4490628KB3133977 もすでに適用済みだったので 2019年8月の更新プログラムの適用に問題がないほぼ万全な状態でしたが、念のため Windows Update クライアント上にあった KB44744192019年8月 Windows 7 64bit セキュリティのみの品質更新プログラム KB4517297 を入れる前にあらかじめインストールすることにしました。

KB4474419 を無事インストールしたら PC を再起動します。

参考サイト
関連記事

2019年8月 Windows 7 64bit 向けセキュリティのみの品質更新プログラム KB4517297 手動インストール

2019年8月 x64 ベース システム用 Windows 7 向けセキュリティのみの品質更新プログラム (KB4517297) windows6.1-kb4517297-x64_6c27bad12668a2552e36b1753e913e10d61e88ad.msu インストール、再起動あり

マイクロソフト公式フォーラムより 2019年8月公開された更新プログラムを適用した場合、Windows OS が正常に立ち上がらない場合があるため、事前にリンク先にある発生条件と回避策に事前回避方法 を確認したうえで、2019年8月の更新プログラムを適用作業に移ります。

当初公開されていた Windows 7 用 2019年8月分セキュリティのみの更新プログラム (KB4512486) は Visual Basic (VB) 関連の不具合があるため、修正版 Windows 7 更新プログラム (KB4517297)Windows Update カタログからファイルをダウンロード してインストールします。

無事インストールできたら PC を再起動します。私の PC 環境では再起動後に自動的にもう一度再起動がありました。

参考サイト

Windows Update (Win 7 64bit) 2019年8月分 更新プログラム インストール

Windows 7 64bit Windows Update 重要 2019年8月公開分更新プログラム(重要)インストール

2019年8月分 Windows Update の更新プログラム(重要)をインストールします。インストール後、再起動のメッセージが表示されることがありますので、メッセージに従い PC を再起動します。

2019年8月 Windows 7 64bit Windows Update Microsoft.NET Framework 4.8 オフラインインストーラー インストール、再起動あり 2019年8月 Windows 7 64bit Windows Update Microsoft.NET Framework 4.8 言語パック オフラインインストーラー インストール

2019年8月 Windows Update の重要にチェックマークなしで Microsoft.NET Framework 4.8 が公開されており、インストールは任意のようでしたが、今回はインストールすることにしました。インストール後は PC を再起動する必要があります。

再起動後に Windows Update で確認すると Microsoft.NET Framework 4.8 言語パック が表示されたので、こちらもインストールしました。

参考サイト

2019年8月分まで非表示にした Windows Update (Win 7 64bit) 更新プログラムリスト

Windows 7 64bit Windows Update 2019年8月分まで非表示にした更新プログラムリスト

画像は 2015年7月ごろから 2019年8月分までの Windows Update で非表示にした更新プログラムリストです。

2019年8月分 Windows Update 非表示にした更新プログラム

以上で 2019年8月分の Windows Update 更新プログラムのインストールは完了です。

関連記事
awgs
Posted by awgs

Comments 0

There are no comments yet.

英数字フィルタ、URL フィルタ、おまかせ禁止ワードを有効にしています(詳細)コメントの内容によっては削除することがあります