デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録

2022年03月25日
0

2021年に購入したデュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11) のアナログスティックが勝手に動く誤作動を起こしてしまったので、修理のためアナログスティックの交換作業をしました。

アナログスティックの交換には基板のハンダ除去およびはんだ付け作業が必要です。

今回の記事ではハンダ作業素人・初心者によるアナログスティック交換作業の記録内容となっています。可能な限りネット情報を参考にして作業をしていますが、内容に間違いがある可能性があります。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録

故障・不具合が発生したデュアルショック 4 コントローラーの取り扱い選択肢

2021年に DUALSHOCK 4 ワイヤレスコントローラー(CUH-ZCT2J11)を 2台購入 しましたが、保証期間が切れた後ほぼ同時期にアナログスティックが勝手に動く誤作動を起こしてしまい、まともにプレイできなくなってしまいました。

2021年に新品を運よく入手できたタイミングで壊れたコントローラーは処分していましたが、2022年に入ってからさらに新品コントローラーの入手できる機会が少なくなり入手困難な状態が続いています。

買い替える以外の選択肢としては PlayStation サポートでオンライン修理受付サービス での有償修理や修理業者(あすか修繕堂コントローラー修理 Prelude など)への依頼がありますが、送料を含めた修理交換料金がそれなりにかかります。(メーカー交換なら新品コントローラー 1個分、修理業者ならその半額が相場?)

また、今後も同じような故障が発生した際に再び同額の修理交換料金が取られることを考えると、新品コントローラーの入手困難な状況が続いていることも踏まえて、自力で修理することにしました。

幸いネット上にはデュアルショック 4 の修理記事・動画がたくさん公開されています。これらの情報を参考にしてアナログスティック交換作業を行うことにします。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト

以下、デュアルショック 4 を分解・修理するために用意した工具・部品リストです。

いくつかの工具類はすでに持っていたものを使いますが、アナログスティック交換のために新たに追加購入したものだけでもコントローラー1個分に近い金額を支払っています。

そのため、ゼロから工具・修理部品を用意しようとすると、それなりの出費が伴うことになるでしょう。

プラスドライバー(ベッセル メガドラ 細軸ドライバー No.910(+0×100))と精密ドライバー

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、プラスドライバー(ベッセル メガドラ 細軸ドライバー No.910(+0×100))

デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11)のネジを外すのに ベッセル メガドラ 細軸ドライバー No.910(+0×100) を使用します。

ネジのサイズにあうドライバーならなんでもいいと思いますが、グリップがある程度しっかりしているドライバーであれば力加減によるネジを舐める心配がないでしょう。

ドライバーを使うタイミングは デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11)分解時の背面カバーにあるネジ 4本とバッテリーケースを固定しているネジ 1本の取り外し、分解後の組み立て時に使用します。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、精密ドライバー(ベッセル 精密ドライバー6本組 No.207)
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、精密ドライバー(ベッセル 精密ドライバー6本組 No.207)

アナログスティックセンター補正用基板チップ半固定ボリュームの調整 に精密ドライバーを使用しました。(アナログスティックセンター補正用基板 は装着後スティックの入力値が暴走したり、最大値まで到達しないことがあったので最終的には不採用)

また、アナログスティック(サイコロ基板)の分解で底面にある 4つの金属ツメを曲げるのに、先の細い精密マイナスドライバーを使いました。(分解方法

精密ドライバーの用途はこれくらいないので、アナログスティックを交換するだけなら精密ドライバーは不要ということになります。

溝付きラジオペンチとニッパー

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、溝付きラジオペンチ

コントローラー内部にあるフレキシブルケーブル着脱低融点はんだ を使って 基板からアナログスティックを取り外す ときに、溝付きラジオペンチを使用します。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、ニッパー

基板のハンダを除去するために使う はんだ吸取線 を切り取るためにニッパーを使います。

ピンセット

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、ピンセット

ラジオペンチ を使うほどでもない小さなパーツをつかむのにピンセットを使います。

ケースオープナー

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、ケースオープナー

デュアルショック 4 コントローラーのカバーを開けるために ケースオープナー を購入しました。

プラスチック製のため先端が欠けやすいですが、値段が安いため消耗品として割り切って使います。

何台も殻割りするようであれば金属製のケースオープナーを使ったほうがよいでしょう。

保護メガネ(TRUSCO 二眼型セーフティグラス(透明)TSG-300)

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、保護メガネ(TRUSCO 二眼型セーフティグラス(透明)TSG-300)
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、保護メガネ(TRUSCO 二眼型セーフティグラス(透明)TSG-300)
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、保護メガネ(TRUSCO 二眼型セーフティグラス(透明)TSG-300)

はんだ付け作業の保護メガネとして TRUSCO 二眼型セーフティグラス(透明)TSG-300) を購入しました。

当初は購入する予定はなかったのですが、アナログスティック基板の取り付け・取り外し作業が何度も発生するたびに、ルーペなしで基板を間近に見る形で作業を続けていたので、はんだ付け時の煙やフラックスの飛散から目を守るため保護メガネを使うことにしました。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、保護メガネ(TRUSCO 二眼型セーフティグラス(透明)TSG-300)
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、保護メガネ(TRUSCO 二眼型セーフティグラス(透明)TSG-300)
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、保護メガネ(TRUSCO 二眼型セーフティグラス(透明)TSG-300)
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、保護メガネ(TRUSCO 二眼型セーフティグラス(透明)TSG-300)

TRUSCO 二眼型セーフティグラス(透明)TSG-300) はクリア(透明)タイプということで近場での作業くらいなら、裸眼の時と同じくらい視界を確保できます。

ただ、光の反射?でメガネのレンズに何かが映り込むように見えることがあるので、光源がある場所によっては視界に違和感を感じるかもしれません。また、曇り止めはないためマスクをしている場合は、吐く息で曇ることがあります。

それでも保護メガネの中では値段が圧倒的に安いため、はんだ除去・はんだ付け作業で使う保護メガネとしてはこれで十分でしょう。

作業用手袋(ショーワグローブ No.370 組立グリップ)

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、作業用手袋(ショーワグローブ No.370 組立グリップ)

デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11)分解 するには、カバーのすき間に ケースオープナー を挿入してカバー内部にある固定ツメを外す必要があります。

このカバーのすき間をあける作業ですが、コツがわからないうちは力加減が難しかったり手が滑ってしまうことがあるため、滑り止め用として ショーワグローブ No.370 組立グリップ を装着して作業します。

テスター(エー・アンド・デイ デジタルマルチメーター AD-5523A)

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、テスター(エー・アンド・デイ デジタルマルチメーター AD-5523A)

アナログスティック基板のポテンショメータアナログスティックセンター補正用基板 の抵抗値をチェックするのに テスター(エー・アンド・デイ デジタルマルチメーター AD-5523A) を使いました。ただ、私がテスターを使いこなせないのもありますが、抵抗値を確認するのにテスターを使うぐらいなので、それ以外の用途はありません。

アナログスティックの交換作業だけであればテスターを使う必要性はありませんが、部品によっては抵抗値にバラつきがあるのでチェック用に持っておいたほうがよいかもしれません。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、テスター(エー・アンド・デイ デジタルマルチメーター AD-5523A)用電池 OHM V アルカリボタン電池 2個入 LR44/B2P 07-9978

テスター(エー・アンド・デイ デジタルマルチメーター AD-5523A) の電池が切れていたので、OHM V アルカリボタン電池 2個入 LR44/B2P 07-9978 を購入しました。

DIY 基板ホルダー(空きビン、マスキングテープ、輪ゴム、スマホクリップスタンド、ペーパーウェイト、ゴムシート、カッターマット)

基板を固定する市販の基板ホルダーは評価が微妙なものが多く選ぶのが難しかったので、手持ちのもので組み合わせて DIY で基板ホルダーを用意しました。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、アナログスティック取り外し用基板ホルダーとして空きビン(桃屋 辛そうで辛くない少し辛いラー油)、滑り止めとしてゴムシート(100x100mm 5mm 厚み)、3M スコッチ 塗装用マスキングテープ(M40J-12 12 mm x 18 m)

アナログスティック基板取り外し時 の基板ホルダー用として空きビン(桃屋 辛そうで辛くない少し辛いラー油)と滑り止めとしてゴムシート(100x100mm 5mm 厚み)、基板保護と空きビンへ固定するために 3M スコッチ 塗装用マスキングテープ(M40J-12 12 mm x 18 m) を使用します。

大まかな流れとしてアナログスティック基板を取り外せるだけの 低融点はんだ を馴染ませた後は、外したいアナログスティック基板があるほうの空きビンを基板から離します。(上の画像では左の空きビン)

はんだごて をあてながら ラジオペンチ でスティック軸を真下に少しずつ引っ張るようにして、基板からアナログスティックを取り外すという流れになります。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、輪ゴムを使って左アナログスティックを仮止め
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、輪ゴムを使って左アナログスティックを仮止め
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、輪ゴムを使って右アナログスティックを仮止め
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、輪ゴムを使って右アナログスティックを仮止め

新しいアナログスティック基板を 基板へはんだ付け するときに仮止めとして輪ゴムを使います。輪ゴム 2本使ってスティック軸からちょうど左右反対に延びるように固定することで、スティックのはんだ付け用ピン端子を浮かせないようにしています。

上の画像ではわかりやすいように輪ゴムしか使っていませんが、はんだ付け するときには基板にマスキングテープを貼った状態にしてから作業します。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、はんだ付け用基板ホルダーとしてスマホクリップスタンド、滑り止め用ゴムシート(100x100mm 5mm 厚み)2枚、基板ホルダー回転用カッターマット(ムラテック KDS セフティベース グリーンハードタイプ SS-1000H)、スマホクリップスタンド固定用重し

アナログスティック基板を 基板へはんだ付け するときの基板ホルダーとしてスマホクリップスタンドを使いました。

基板やスマホクリップスタンドのすべり止めとしてゴムシート(100x100mm 5mm 厚み)2枚、基板の向き調整にゴムシートの下にカッターマット(ムラテック KDS セフティベース グリーンハードタイプ SS-1000H)を使用しています。

スマホクリップスタンドは軽いため、ズレ防止用に重しとして石を上に置いています。ただ、はんだごてを使う際に邪魔になることがあったので、基板の向きによっては使いにくいかもしれません。

また、スマホクリップスタンドは基本的につかむ力が弱く、基板端をスマホクリップスタンドで挟む形となるため、専用の基板ホルダーと比べると多少のぐらつきがあります。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、アナログスティックセンター補正用基板装着後センター補正時コントローラースタンドとしてスマホクリップスタンド使用

アナログスティックセンター補正用基板装着後のセンター調整 時に、スマホクリップスタンドをコントローラー正面から挟んで立てかけるようにすることで、スティックを指や地面に触れないように固定できます。

画像では無線接続できるようにしているため、USB ケーブルは接続していません。

はんだごて(HAKKO RED 40W と 20W)とはんだこて台(goot ST-11)

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、低融点はんだを使ったハンダ除去用はんだごて(HAKKO RED 40W)

低融点はんだ を使ったアナログスティック基板の取り外しには HAKKO RED(ニクロムヒータータイプ)40W はんだごて を使用します。

40W のはんだごてを選んだのは手持ちにあったというのと、こちらの動画で 40W タイプを紹介 していたという単純な理由です。

詳しいことはわかりませんが調べてみると低融点はんだを使う場合は、通常のはんだ付けに使うはんだごてと区別して使ったほうがよいようです。こて先を十分メンテナンスすれば大丈夫かもしれませんが、普段はんだごてを使うことがないのでこちらの 40W タイプを低融点はんだ専用として使うことにします。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、アナログスティックはんだ付け用はんだごて(HAKKO RED 20W)

アナログスティック基板のはんだ付けには HAKKO RED(ニクロムヒータータイプ)20W はんだこて を使います。

HAKKO RED はニクロムヒータータイプのはんだごてのため、セラミックヒーターと比べてこて先のハンダ付け温度へ到達するのに時間がかかる点に注意が必要です。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、はんだごて(HAKKO RED 40W と 20W)のこて先固定用ネジ

またニクロムヒータータイプのはんだごての注意点として、こて先を固定するネジが 2本ありますが、このネジが非常に高い熱を帯びてしまいます。

この熱を帯びたネジ部分がはんだ付けと関係ない箇所にうっかり接触してしまうと、表面実装部品を破損させてしまったり、基板表面にあるはんだやコネクタが溶けてしまうといった事故が起きてしまう可能性があります。

これらの問題が考えられることから、ネジ部分が基板に触れないようにはんだ付け・除去作業をする、基板やコネクタを耐熱テープ(ポリイミドテープ)で保護する、ネジがないセラミックヒータのはんだごてを使うなどして対策する必要があるでしょう。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、はんだごて延長用電源コード Panasonic 延長コードX 2m ブラック WHA4912BP

はんだごての電源ケーブルが短く、近くのタップまで届かなかったので パナソニック(Panasonic) 延長コードX 2m WHA4912BP を購入しました。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、はんだこて台(goot ST-11)

はんだこて台は 太洋電機産業のはんだこて台 ST-11 を使います。

フラックス(サンハヤト ジェルフラックス HD-F25)

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、フラックス(サンハヤト ジェルフラックス HD-F25)
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、フラックス(サンハヤト ジェルフラックス HD-F25)
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、フラックス(サンハヤト ジェルフラックス HD-F25)

アナログスティック基板のはんだ除去のために、こちらの動画 を参考に サンハヤト ジェルフラックス HD-F25 を購入しました。低融点はんだ とセットで使用します。

シリンジ(注射器)タイプのフラックスは AMTECH 社が有名みたいですが、偽物品が流通していたり国内での正規品購入は難しいようです。また、フラックスの容量が多いため(10ml)確実に余らせてしまいます。

個人輸入ができたとしても送料が高くなりそうなうえいつ届くのかわからないため、国内で信頼できるシリンジタイプのフラックスがないかと探したときに、サンハヤト ジェルフラックス HD-F25 が単品で入手できるということでこちらを購入しました。

ちなみに同社の 表面実装部品取外しキット SMD-51表面実装部品取外しキット SMD-21 がありますが値段が結構します。価格が高いのはセットに含まれている低融点ハンダ(80度と60度程度)にレアメタルが含まれているためのようです。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、フラックス(サンハヤト ジェルフラックス HD-F25)のシリンジキャップ+金属ノズル

サンハヤト ジェルフラックス HD-F25 の金属ノズル取り付け方法です。ノズル装着方法の詳細な説明がなく戸惑った部分なので、装着方法を残しておきます。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、フラックス(サンハヤト ジェルフラックス HD-F25)本体キャップを回して外す

サンハヤト ジェルフラックス HD-F25 本体先端に装着されているキャップを 回して 取り外します。注射器本体のキャップは引っ張っても取り外せない点に注意。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、フラックス(サンハヤト ジェルフラックス HD-F25)本体に金属ノズルを回して取り付け

サンハヤト ジェルフラックス HD-F25 本体先端に付属の金属ノズルを 回して 装着します。金属ノズルのキャップは引っ張って取り外せます。

ジェルフラックス使用後はそのままキャップを締めても、少量のフラックスがキャップ内にはみ出してしまうことがあります。そこで、押し出した注射器を少し引っ張って戻すことで中身が飛びださないようにできます。

サンハヤト ジェルフラックス HD-F25 は 2.5ml(2.5g)しかありませんが、アナログスティック基板を取り外す程度であれば十分な量です。フラックスとしては液体タイプより値段が倍以上あるのが難点です。

低融点はんだ(溶解温度約 97度、1本約 4.5g)

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、低融点はんだ(溶解温度約 97度、1本約 4.5g)

ネットオークションで購入した低融点はんだ(溶解温度約 97度、1本約 4.5g)です。フラックス とセットで使用します。

低融点はんだについては材料をそろえて自作で作る方法がすでにネット上で公開されており、今回購入したものもおそらく同様な方法で作られたものかと思われます。(多分ダルセ合金)

修理専門業者でも販売していますが、レアメタル入りのためグラム当たりの単価が高く、初めての使用ではいろいろと失敗する可能性も考えられたので、レアメタルを含まないグラム単価が安い低融点はんだを選んでいます。

レアメタルを含んでいない分、融点は約 100度と高めとなっているので、アナログスティック基板の取り外しには多少の工夫が必要 になります。

はんだ(goot 精密プリント基板用はんだ φ0.8mm SD-62)

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、はんだ(goot 精密プリント基板用はんだ φ0.8mm SD-62)

新しいアナログスティック基板 をはんだ付けするために goot(グット) 精密プリント基板用 鉛入りはんだ φ0.8mm スズ 60% / 鉛 40% ヤニ入り SD-62 を購入しました。

はんだ吸取線(goot 幅 3.0mm CP-3015)

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、はんだ吸取線(goot 幅 3.0mm CP-3015)

はんだ除去用に goot(グット) はんだ吸取り線 3mm 幅 1.5m 巻き CP-3015 を購入しました。

今回のアナログスティック交換作業では何回もはんだ付け・除去を繰り返したせいか、長さ 1.5m のはんだ吸取り線はあっという間に使い切ってしまいました。最終的に追加でもう 1個購入しています。

無駄なくはんだを吸い取れなかったせいがあるかもしれませんが、はんだ付け箇所が多いアナログスティック基板(14か所)でははんだ吸取り線をたくさん消耗する可能性があります。

洗浄・清掃アイテム(無水エタノール、キムワイプ、綿棒、歯ブラシ)

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、洗浄・清掃アイテム(無水エタノール、キムワイプ)

基板の洗浄や各種パーツの清掃には 無水エタノールキムワイプ をメインに使います。

洗浄・清掃個所によっては 無水エタノール を含ませた綿棒や使い古した歯ブラシを使用して使い分けます。

デュアルショック 4 用アナログスティック(黄色サイコロ基板 - 金属軸)

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、デュアルショック 4 用アナログスティック基板(黄色サイコロ基板 - 金属軸)
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、デュアルショック 4 用アナログスティック基板(黄色サイコロ基板 - 金属軸)
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、デュアルショック 4 用アナログスティック基板(黄色サイコロ基板 - 金属軸)
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、デュアルショック 4 用アナログスティック基板(黄色サイコロ基板 - 金属軸)

ネットオークションで購入したデュアルショック 4 用アナログスティック基板(黄色サイコロ基板 - 金属軸)です。

アナログスティック基板はコントローラー別にいろいろなものが出回っていますが、2021年ぐらいからサイドに取り付けられている 2個のポテンショメータのカラーが黄色タイプ(見た目の色はオレンジだが名称として黄色という形で使われている)のものが、比較的品質が良いもの(参考動画)とされているようです。

今回はさらにその新型タイプとして押し込みスイッチの軸に金属軸が採用されているものがあったので、こちらを購入してみました。

各ポテンショメータの 3つある端子の両端に テスター をあてて抵抗を測ってみたところ、9 ~ 10kΩの間と多少のバラつきがありました。

ちなみに流通しているデュアルショック 4 とデュアルセンス用のアナログスティック基板は抵抗値が異なるそうです。(デュアルショック 4 は約 10kΩ、デュアルセンスは約 2kΩ(参考動画

形状が同じで抵抗値のみ異なるアナログスティック基板ですが、どちらのコントローラーにも互換性は一応あるという情報(参考動画)があります。どちらを使っても特に問題はないようですが、念のためコントローラーにあわせた抵抗値のアナログスティック基板を用意して取り付けるようにします。

なお、デュアルショック 4 とデュアルセンス用のアナログスティック基板はポテンショメータにある番号で区別できます。ポテンショメータ右下にある数字が 103 とあるのがデュアルショック 4 用で、2K3 がデュアルセンス用となっています。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、デュアルショック 4 用アナログスティック(黄色サイコロ基板 - 金属軸)、アナログスティック基板から精密ドライバーを使ってポテンショメータ取り外し
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、デュアルショック 4 用アナログスティック(黄色サイコロ基板 - 金属軸)、アナログスティック基板から精密ドライバーを使ってポテンショメータ取り外し

上の画像は 精密ドライバー を使ってアナログスティック基板のポテンショメーターを取り外したところです。

その後にわかったことなのですが、ポテンショメーターは両脇のツメで固定しているだけなので、指で引っ張るだけでかんたんに取れます。(参考動画

精密ドライバー を使うタイミングとしては、基板にはんだ付けされている状態から一部外したい場合に使うことになるでしょう。(参考動画1参考動画2

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、デュアルショック 4 用アナログスティック(黄色サイコロ基板 - 金属軸)、精密ドライバーを使ってポテンショメータ(可変抵抗器)にはめ込まれている回転パーツ取り外し
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、デュアルショック 4 用アナログスティック(黄色サイコロ基板 - 金属軸)、ポテンショメータ(可変抵抗器)にはめ込まれている回転パーツを取り外したところ
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、デュアルショック 4 用アナログスティック(黄色サイコロ基板 - 金属軸)、可変抵抗器にはめ込まれている回転パーツを取り外したところ

精密ドライバー を使ってポテンショメーターにはめ込まれている回転パーツを取り外したところです。

ポテンショメータ(可変抵抗器)内部には白い膜?のようなものが付着しているのが見えます。アルコール+綿棒 できれいに拭き取れましたが、付着していた白い膜の正体はわかりません。拭き取りに使った綿棒はほとんど汚れなかったので、回転パーツによる削りカスというわけでもなさそうです。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、デュアルショック 4 用アナログスティック(黄色サイコロ基板 - 金属軸)、新旧アナログスティックを分解して内部パーツの違いを比較、金属軸以外にもスティック軸受け樹脂パーツの大きさ、2種類の大きさが違うバネが内蔵

新旧アナログスティック基板を分解して一部の内部パーツ(軸、スティック軸受け樹脂パーツ、バネ)を取り出して比較した画像です。(分解方法

左側がもともと取り付けられていたアナログスティック基板の内部パーツで、右が新型アナログスティック基板金属軸タイプの内部パーツです。

新型の押し込みスイッチの金属軸以外にも、スティック軸受け樹脂パーツの大きさや 2種類の大きさが違うバネが内蔵されていることがわかりました。また、新型のスティック軸受け樹脂パーツには潤滑剤(プラスチック削り防止?)のようなものが塗布されているのが確認できました。

この 2種類のバネが内蔵されているおかげかどうかわかりませんが、スティック押し込みボタンの感触は純正とはかなり異なります。

スティックを軽く押すと何か(小さいバネ?)に接触した感触で止まりますが、ボタンが押された判定にはなりません。さらに押し込むことでカチッという音とともにボタンが反応するようになるので、おそらくですが小さいバネでクリック感の確保と誤操作防止をしているような作りになっているのかもしれません。

個人的に金属軸と 2種類のバネがあるアナログスティック基板のほうが、スティック押し込み操作はやりやすいように感じました。

デュアルショック 4 用アナログスティックセンター補正用基板(緑基板) → 装着後アナログスティック暴走・一部の方向の最大入力値が低い

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、デュアルショック 4 用アナログスティックセンター補正用基板(緑基板) → 装着後アナログスティック暴走・一部の方向の最大入力値が低い
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、デュアルショック 4 用アナログスティックセンター補正用基板(緑基板) → 装着後アナログスティック暴走・一部の方向の最大入力値が低い

ネットオークションで入手したデュアルショック 4 用アナログスティックセンター補正用基板(緑基板)です。左右 1組で約 1,000円程度のため安くありません。

ネジのようなものが左右 それぞれに 2個ついていますが チップ半固定可変抵抗器 と呼ぶようです。これを 精密ドライバー で回してセンター調整を行います。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換用工具・部品リスト、デュアルショック 4 用アナログスティックセンター補正用基板(緑基板)のチップ半固定可変抵抗器は精密ドライバー(マイナス 1.8mm)で調整

アナログスティックのセンター補正を可能にする基板を 2台分購入しましたが、はんだ付けで装着後アナログスティックが暴走したり一部スティック方向の最大入力値が低いという現象が発生してしまいした。

センター補正用基板を取り外したところ、一部のアナログスティックではセンターがずれたままでしたが、スティック暴走や最大入力値が低くなるよう問題はでません。問題の原因が不明なため、最終的にセンター補正用基板を使うことなく不採用となりました。

以下の原因が考えられましたが、問題の特定には至っていません。

デュアルショック 4 用アナログスティックセンター補正用基板(緑基板)装着後のアナログスティックの動作がおかしくなる考えられる原因
  • デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11 - JDM-055 基板)には対応していない可能性?
  • デュアルショック 4 用アナログスティック(黄色サイコロ基板 - 金属軸)に対応していない可能性?
  • アナログスティックセンター補正用基板(緑基板)が不良品だった可能性?
  • センター補正用基板をテスターで抵抗値(3つあるスルーホールのうち両端を計測)を測ったところ約 100kΩ。こちらの動画 および 情報 によれば 500kΩとあるため、センター補正用基板の抵抗値があっていない可能性?

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業

以下の参考サイトを見てデュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)を分解・アナログスティック基板の交換作業をしました。

コントローラーの型番(または基板の型番)によって中身の構造が違います。ネット上にある分解・基板交換情報・動画はその点注意してみたほうがよいでしょう。

デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)分解

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)の分解方法です。一部の画像はすでに分解したあとの状態のものを流用してしています。そのため、順番通りにコントローラーを分解しても画像の通りにならない点に注意してください。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)分解、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)裏面ネジを外した後、コントローラーカバーのすき間を手であける
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)分解、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)裏面ネジを外した後、コントローラーカバー取り外しのためカバーすき間を手であける
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)分解、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)裏面ネジを外した後、コントローラーカバー取り外しのためカバーすき間を手であける

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)の裏面ネジ 4か所を外した後に、コントローラーカバーを取り外すためにカバーすき間を手であけます。

コツとしては下部カバーを左手の親指で抑える、または親指の付け根で握るようして、上部カバーを右手の親指と人差し指でつかんで引っ張り持ち上げるようにすることで、カバーのすき間をあけることができます。

この時 すべり止め用の手袋 があれば、手が滑ることなくやりやすくなるでしょう。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)分解、L ボタン・トリガー近くのカバーツメの取り外し
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)分解、コントローラー持ち手(振動モーター収納箇所)内部空間

カバーのすき間を確保できたら ケースオープナー を使って LR ボタン・トリガー付近にある、カバー内部で固定しているツメから外していきます。

カバーを固定しているツメは全部で 4か所あり、充電コネクタの両脇に 1か所ずつ(左右で 2か所)、LR ボタン・トリガーの近くに 1か所ずつ(左右で 2か所)のツメがあります。

どちらのツメから外すのかは特に決まりはないみたいですが、今回のコントローラー分解作業では、カバー左右 LR ボタン・トリガー近くにあるツメから外すようにしています。

この時点ではツメがある正確な場所までわからなかったので、ケースオープナー を無理やり入れてツメを固定しているプラスチックのツメ穴を折らせる形でツメを外しています。固定しているプラスチックのツメ穴は破損しても最終的にネジでカバーを固定するので気にしなくていいようです。

コントローラー持ち手(振動モータ収納箇所)内部はある程度空洞となっているので、ピックなどの細い板状のものであれば奥まで差し込めるようになり、カバーをさらに開けやすくできます。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)分解、アナログスティック下部のカバーすき間にケースオープナーを差し込み、充電コネクタ左右にあるツメをケースオープナーで取り外す
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)分解、アナログスティック下部のカバーすき間にケースオープナーを差し込み、充電コネクタ左右にあるツメをケースオープナーで取り外す
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)分解、アナログスティック下部のカバーすき間にケースオープナーを差し込み、充電コネクタ左右のすき間にあるツメをケースオープナーで取り外す

アナログスティック下部のカバーすき間に ケースオープナー を差し込み、充電コネクタ左右のすき間にあるツメも ケースオープナー で取り外します。

こちらも力加減によってはツメを固定しているプラスチックのツメ穴が破損してしまうことがありますが、問題ありません。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)分解、コントローラーカバー分解成功、カバー裏にあるUSB コネクタへのフレキシブルケーブルが基板コネクタに接続している点に注意

コントローラーを固定している 4か所のツメをすべて外すことで、カバーをあけることができます。

カバーをあけるときに、カバー裏にある USB コネクタへのフレキシブルケーブルが基板コネクタに接続している点に注意してください。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)分解、折れたコントローラーカバー内部にあるプラスチックツメ穴 4か所、不要なためすべてのプラスチックツメ穴をラジオペンチで除去
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)分解、折れたコントローラーカバー内部にあるプラスチックツメ穴 4か所、不要なためすべてのプラスチックツメ穴をラジオペンチで除去
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)分解、折れたコントローラーカバー内部にあるプラスチックツメ穴 4か所、不要なためすべてのプラスチックツメ穴をラジオペンチで除去

コントローラーカバー内部にある固定用プラスチックツメ穴 4か所です。折れて使えなくなったツメ穴はラジオペンチなどで折り曲げて除去しています。折れたなかった残りのツメ穴も不要ですので一緒に除去しました。ツメ穴がなくなることでコントローラーカバーを開けるのが楽になります。

このツメを固定しているプラスチックのツメ穴はかなり細く折れやすいようですが、最終的にネジ止めでカバーを固定するので特に支障はないと思われます。(メーカー保証時の開封済みチェック用?)

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)分解、基板コネクタに接続している USB コネクタへのフレキシブルケーブルを引っ張って外す

基板コネクタに接続している USB コネクタへのフレキシブルケーブルを引っ張って外します。指で持ち上げて引っ張ることでかんたんに外れます。

フレキシブルケーブルはコネクタへの接続する際に裏表が決まっており、古いコントローラー型番では間違えないようにマジックで目印をつけるというやり方がありました。今回分解したコントローラーではケーブルの片側に文字がプリントされているので、目印をつけなくても裏表を間違える心配はありません。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)分解、基板コネクタから外した USB コネクタへのフレキシブルケーブル
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)分解、基板コネクタから外した USB コネクタへのフレキシブルケーブル
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)分解、基板コネクタから外した USB コネクタへのフレキシブルケーブル

基板コネクタから外した USB コネクタへのフレキシブルケーブルです。ケーブル裏側には文字がプリントされていないことが確認できます。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)分解、バッテリーケーブルをコネクタから外して、バッテリケースを固定しているネジをプラスドライバーで外す

バッテリーケーブルをコネクタから外して、バッテリケースを固定しているネジを プラスドライバー で外します。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)分解、基板に接続しているタッチパッドのフレキシブルケーブルをピンセットまたはラジオペンチで外す
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)分解、基板に接続しているタッチパッドのフレキシブルケーブルをピンセットまたはラジオペンチで外す

基板に接続しているタッチパッドのフレキシブルケーブルを ピンセット で外します。コントローラーによってはラッチで固定されていることがある ようなので取り外す際には注意してください。画像ではピンセットを使ってますが ラジオペンチ のほうが楽でした。

バッテリーケースのネジとタッチパッドのフレキシブルケーブルを外すことで、コントローラー表面カバーから黒プラスチックフレーム+基板を分離することができます。

ちなみに組み立て時にタッチパッドのフレキシブルケーブルをコネクタに差し込むときは、挿入位置にあわせたら指で押し込むと楽に挿入できます。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)分解、黒プラスチックフレーム両脇にある 2か所のツメで固定されいる基板
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)分解、黒プラスチックフレーム両脇にある 2か所のツメで固定されいる基板
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)分解、黒プラスチックフレーム両脇にある 2か所のツメで固定されいる基板取り外し

基板は黒プラスチックフレーム両脇にある 2か所のツメで固定されています。このツメを広げることで黒プラスチックフレームから基板を取り外すことができます。

基板には振動モーターのリード線がはんだ付けされているので はんだごて を使って外します。20W でははんだがなかなか溶けない箇所があったので 40W のはんだごてを使いました。

分解した各種コントローラーパーツを 無水エタノール(+キムワイプ、綿棒、歯ブラシ) で汚れを落としてきれいにしておきます。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)分解、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解後の基板型番 JDM-055、アナログスティック基板は品質が良いとされている黄色サイコロ基板
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)分解、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解後の基板型番 JDM-055、アナログスティック基板は品質が良いとされている黄色サイコロ基板
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)分解、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解後の基板型番 JDM-055、アナログスティック基板は品質が良いとされている黄色サイコロ基板
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)分解、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解後の基板型番 JDM-055、アナログスティック基板は品質が良いとされている黄色サイコロ基板
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)分解、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解後の基板型番 JDM-055、アナログスティック基板は品質が良いとされている黄色サイコロ基板
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)分解、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解後の基板型番 JDM-055、アナログスティック基板は品質が良いとされている黄色サイコロ基板

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)を分解して取り出した基板です。型番は JDM-055 でした。基板の型番は結構違うことがあるようで、過去に公開されたコントローラー分解記事・動画を見るとコネクタの配置が異なるなど違いがあります。

誤作動を起こした交換対象のアナログスティック基板は 比較的品質が良いとされているいわゆる黄色サイコロ基板 でした。

2021年に新品コントローラー 2台購入で交互に使いながらも 1年とちょっとで壊れてしまったアナログスティックでしたが、ポテンショメーター(黄色い部分)を分解して清掃すればまだまだ使えた可能性があったかもしれません。

ただこの時はすでにアナログスティック基板まるごと交換することを前提に分解していたので、画像のアナログスティック基板は交換後破棄します。

デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック取り外し

低融点はんだ を使ってアナログスティック基板を取り外します。

融点が 100度近いレアメタルを含まない 低融点はんだ(ダルセ合金) では動画のようにうまくいかない可能性があるので(中にはダルセ合金でもうまく外している動画もありますが)、ここでは私なりに試行錯誤してうまくいった方法で説明します。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック取り外し、JDM-055 基板のアナログスティック基板はんだ除去による周辺のはんだ・フラックス付着防止のためマスキングテープで基板保護

分解したデュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)JDM-055 基板 のアナログスティック基板がはんだ付けされている面に、はんだ除去による周辺のはんだ・フラックス付着防止のためマスキングテープで基板を保護します。(画像は左右のアナログスティック基板取り外し後の JDM-055 基板でマスキングテープの貼り付けイメージ)

動画などでよくみるアナログスティック交換では慣れた手つきで手際よく作業しているのを見ますが、はんだごて初心者や不得意な方、細かい作業が苦手な方は最初は最低でもマスキングテープで基板全体を保護しておいたほうが良い気がします。

溶けた 低融点はんだ の一部があらぬ方向へ滑ったり飛び散ったりして、表面実装部品や別のはんだ付け個所に付着してしまう恐れがあるからです。私は何回かこれをやらかしてヒヤッとしましたが、なんとか除去したり、誤って別のはんだ個所に付着してしまった低融点はんだは、吸い取って再度はんだ付けすることで何とかなりました。

特に気を付けたいのが樹脂コネクタのところです。うっかりはんだごてを当ててしまうとかんたんに溶けてしまいます。注意したいのが、ここで紹介したマスキングテープははんだごての熱に耐えられるだけの耐熱性能はない(3M の塗装マスキングテープ M40J は 120度まで)ので、場合によってはポリイミドテープなどの耐熱テープを使ったほうがよいでしょう。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック取り外し、左アナログスティック基板側にあるはんだ?
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック取り外し、左アナログスティック基板の裏側にはんだ?をマスキングテープで保護

JDM-055 基板では左アナログスティック基板の裏側にはんだ?のようなものがあるため、念のためマスキングテープもしくはポリイミドテープで保護したほうがよいでしょう。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック取り外し、JDM-055 基板のアナログスティック基板取り外し時の周辺への低融点はんだ付着防止のためマスキングテープで基板保護
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック取り外し、JDM-055 基板のアナログスティック基板取り外し時の周辺への低融点はんだ付着防止のためマスキングテープで基板保護
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック取り外し、JDM-055 基板のアナログスティック基板取り外し時の周辺への低融点はんだ付着防止のためマスキングテープで基板保護

分解したデュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)JDM-055 基板 のアナログスティック基板本体がある面に、溶けた 低融点はんだ が周辺へ付着するのを防止するため、あらかじめマスキングテープで基板を保護しておきます。(画像は左右のアナログスティック基板取り外し後の JDM-055 基板に、はんだ付けする前のアナログスティック基板を挿入しただけの状態でのマスキングテープ貼り付けイメージ)

アナログスティック基板本体がある面は下側に向いているため、通常であればはんだが飛び散ったりしてまわりに付着することはないはずですが、低融点はんだ ではんだ付けを溶かしながら ラジオペンチ でスティック軸をつかみ真下に引っ張る際に、勢いでわずかな量のはんだが飛び散ってしまったことがありました。(その後すぐに吸い取って除去)

画像のように入念にマスキングテープを貼る必要はないかもしれませんが、アナログスティック基板本体のすぐそばにはチップ部品?のようなものがたくさん見えるので、最低でもはんだ付け箇所に近い場所は保険でマスキングテープを貼っておいたほうが良いかもしれません。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック取り外し、アナログスティック基板を取り外すために空きビンとマスキングテープを使った DIY 基板ホルダーで JDM-055 基板を固定、外したいアナログスティック基板のはんだ個所にフラックス(サンハヤト ジェルフラックス HD-F25)を適量塗布

アナログスティック基板を取り外すために、空きビンとマスキングテープを使った DIY 基板ホルダー で JDM-055 基板を固定します。(画像は右アナログスティック側はんだ付け箇所)

外したいアナログスティック基板のはんだ付け個所(14か所)に ジェルフラックス を適量塗布します。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック取り外し、ジェルフラックスを塗布したはんだ箇所にはんだごて(40W)を使って低融点はんだを盛り付け、はんだ付けされたところに低融点はんだを混ぜる

まず、ジェルフラックス を塗布したはんだ付け箇所に、はんだごて(40W) を使って 低融点はんだ を盛り付けます。

はんだ付けされたところに はんだごて(40W) をあてて 低融点はんだ を混ぜます。うまくいくと盛りつけた 低融点はんだ がスルーホールへ吸い込まれるように流れていくのがわかります。

ここでの目的ははんだを混ぜることなので、低融点はんだ をたくさん盛り付ける必要はありません。(画像のはんだは少し盛りすぎたパターン)

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック取り外し、盛り付けた低融点はんだをはんだ吸取線で除去するためにジェルフラックスを適量塗布(場合によってはジェルフラックス塗布不要)

盛り付けた 低融点はんだはんだ吸取線 で除去するために ジェルフラックス を適量塗布します。

ここでは試行錯誤の段階で ジェルフラックス を塗布していますが、そのまま はんだ吸取線 を使っても問題ないかもしれません。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック取り外し、はんだ吸取線でできる限りはんだを除去、この時盛りつけたはんだの量が多いと結構な量のはんだ吸取線を消費

はんだ吸取線 でできる限りはんだを除去します。この時盛りつけたはんだの量が多いと結構な量の はんだ吸取線 を消費します。

画像では不慣れな作業のためかあまりはんだが吸い取れてませんが、もっと丁寧にやればスルーホールが見えるくらいに吸い取れると思います。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック取り外し、はんだ除去後、基板に付着したフラックスを無水エタノール(+キムワイプ、綿棒、歯ブラシ)でいったん洗浄

はんだ除去後、基板に付着したフラックスを 無水エタノール(+キムワイプ、綿棒、歯ブラシ) でいったん洗浄します。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック取り外し、洗浄後、アナログスティック基板のはんだ付け用ピン(14か所)にジェルフラックスを再度適量塗布

洗浄後、アナログスティック基板のはんだ付け用ピン(14か所)に ジェルフラックス を再度適量塗布します。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック取り外し、はんだごて(40W)で低融点はんだをやや多めに盛り付け、はんだごて(40W)で順番に低融点はんだを流し込みながらラジオペンチでスティック軸を真下に少しずつ引っ張り取り外す

はんだごて(40W)低融点はんだ を近くに隣接するピンにくっつくようにやや多めに盛り付けます。(画像のはんだ量はやや少なめ)

はんだごて(40W)低融点はんだ をスルーホールに流し込み、順番に時計回りもしくは反時計回りで常にはんだを溶かしている状態をできるだけ維持しながら(参考動画1参考動画2参考動画3参考動画4参考動画5)、ラジオペンチ でスティック軸を真下に少しずつ引っ張ります。はんだの状態にもよりますが、レアメタルを含まないはんだではすぐにスポッと外れることはないので、この辺は地道な作業になります。

手で引っ張るには力加減が難しいので、できれば この動画にあるようなものを自作 してスティック基板を外したほうが良いかもしれません。

うまくいくとキュッキュッという音とともにアナログスティック基板が徐々に外れていきます。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック取り外し、アナログスティック基板取り外し成功

基板からアナログスティック基板を取り外すことに成功です。低融点はんだ の量によっては下に垂れることがあるので注意してください。

数回程度しか取り外せていないのではっきりしたことは言えませんが、隣にあるピンにくっつくぐらいに多めの 低融点はんだ を盛り、はんだごて で常にはんだを溶かしつつ、スルーホールにもはんだを溶かし込むように動かすのが早く取り外せるコツかもしれません。レアメタルを含まないダルセ合金だけで素早く取り外せている動画は、そのように はんだごて を動かしているように見えます。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック取り外し、はんだ吸取線で残りのはんだを除去、基板反対側もチェックして低融点はんだが残っていれば同様に除去、はんだ除去後、基板に付着したフラックスを無水エタノール(+キムワイプ、綿棒、歯ブラシ)を使って洗浄

はんだ吸取線 で残りのはんだをきれいに除去します。基板反対側もチェックして 低融点はんだ が残っていないかどうか確認して、あれば同様に除去します。

はんだ除去後、基板に付着したフラックスを 無水エタノール(+キムワイプ、綿棒、歯ブラシ) を使って洗浄します。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック取り外し、右アナログスティック基板取り外し完了
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック取り外し、右アナログスティック基板取り外し完了

右アナログスティック基板の取り外しができました。

交換用アナログスティック基板 を取り付けて はんだ付け します。

デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティックはんだ付け

分解 して 故障したアナログスティックを取り外したデュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)の JDM-055 基板 に、交換用アナログスティック基板 をはんだ付けして取り付けます。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティックはんだ付け、JDM-055 基板へのアナログスティック基板はんだ付けによる、周辺のはんだ・フラックス付着防止のためマスキングテープで基板保護

基板 JDM-055 のはんだ付けする基板面に周辺のはんだ・フラックス付着防止のため、マスキングテープを貼って基板を保護しておきます。

こういった修理交換作業に慣れている方やプロの専門業者はそのまま作業していることが多いようですが、はんだごて作業が苦手な方や初心者の方は、はんだごての取り扱いミスによる基板破損防止のため、できるだけテープ類で基板を保護したほうが良いかと思います。

はんだごてによる関係のないチップや部品パーツ、コネクタへの接触事故を防止するなど万全な態勢にしておくのであれば、ポリイミドテープなどの耐熱テープを使ったほうがよいかもしれません。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティックはんだ付け、輪ゴムを使って左アナログスティックを仮止め
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティックはんだ付け、輪ゴムを使って左アナログスティックを仮止め
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティックはんだ付け、輪ゴムを使って右アナログスティックを仮止め
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティックはんだ付け、輪ゴムを使って右アナログスティックを仮止め

輪ゴムを使って 交換用アナログスティック基板 を仮止めします。(上の画像では撮影のためマスキングテープは貼っていない状態です)

輪ゴム 2本使ってスティック軸からちょうど左右反対に延びるように固定することで、スティックのはんだ付け用ピン端子を浮かせないようになります。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティックはんだ付け、はんだ付け用基板ホルダーとしてスマホクリップスタンド、滑り止め用ゴムシート(100x100mm 5mm 厚み)2枚、基板ホルダー回転用カッターマット(ムラテック KDS セフティベース グリーンハードタイプ SS-1000H)、スマホクリップスタンド固定用重し

基板ホルダー で JDM-055 基板を固定したら、交換用アナログスティック基板 をはんだ付けします。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティックはんだ付け、左右アナログスティック基板はんだ付け完了

はんだ付けする順番は特にないようですが、私の場合は以下のように 3つの順番に分けてはんだづけをしました。(参考:はんだ付け用ピン 14本

最初に基板接着安定用のピン(4本)をはんだ付けします。仮止めした輪ゴムが重ならないピン(2本)からはんだ付けしてから輪ゴムを外し、残りのピン(2本)をはんだ付けします。

次に押し込みスイッチ用ピン(4本)をはんだ付けします。

最後に可変抵抗器用ピン(3本+3本)のはんだ付けして終了です。アナログスティックセンター補正用基板 を使う場合は、アナログスティックセンター補正用基板を取り付けてからはんだ付け します。

すべてはんだ付けしたら、基板に付着したフラックスを 無水エタノール(+キムワイプ、綿棒、歯ブラシ) で洗浄して完了です。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティックはんだ付け、組み立て時 USB コネクタからのフレキシブルケーブルはバッテリーをケースから外した状態で、ラジオペンチなどを使ってコネクタに差し込む

分解 したときの逆の手順でコントローラーを組み立てていきます。

USB コネクタからのフレキシブルケーブルはバッテリーをケースから外した状態で、ラジオペンチなどを使ってコネクタに差し込むのが楽だと思います。

基板コネクタへのフレキシブルケーブル挿入はやりにくいのですが、細かく挿入位置を調整しているうちにすんなり挿し込むことができます。力を入れてフレキシブルケーブルを挿入する必要はないのでケーブルを破損させないように注意しましょう。

仮組した状態で交換したアナログスティックとボタンの動作テストをします。Gamepad Tester というサイトでブラウザ上からオンラインでコントローラーの動作チェックが行えるので便利です。

アナログスティックが正常に動作しない場合など、明らかに操作と違う挙動があればスティック基板の初期不良の可能性があるので、再度はんだ除去・スティック交換・はんだ付けを行うことになります。

アナログスティックのセンターがニュートラル状態でもズレていた場合、デッドゾーンを増やして調整 することで対応します。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティックはんだ付け、アナログスティック交換後スティック動作が正常であれば組み上げて修理完了

アナログスティックが正常に動作していることが確認出来たら、すべて組み上げて修理完了です。コントローラーを使う前に以下の参考サイト(英語)のアナログスティックキャリブレーション方法を実行しておきます。

デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティックセンター補正用基板(緑基板)装着・補正調整

アナログスティックセンター補正用基板 をはんだ付けして装着・調整する方法です。

最終的にいろいろと問題(スティック暴走、最大入力値が低い)があったため取り外してしまいましたが、はんだ付けや調整までの手順を記録してあったので公開することにします。

以下クリックすると アナログスティックセンター補正用基板 の装着手順が開きます。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティックセンター補正用基板(緑基板)装着・補正調整、アナログスティック基板の基板接着安定用のピン(4本)と押し込みスイッチ用ピン(4本)はんだ付け後、アナログスティックセンター補正用基板を装着、マスキングテープで仮止めして可変抵抗器用ピン(6本)はんだ付け

アナログスティック基板の基板接着安定用のピン(4本)と押し込みスイッチ用ピン(4本)はんだ付け した後、アナログスティックセンター補正用基板 を装着します。

ピン穴の位置は左右で同じなため左右逆に取り付けないに注意します。間違って逆に装着してしまうと、バッテリーケースと チップ半固定可変抵抗器 が干渉します。

ズレ防止のためマスキングテープで仮止めして、残りの可変抵抗器用ピン(6本x2枚=12本)にはんだ付けします。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティックセンター補正用基板(緑基板)装着・補正調整、左右アナログスティックセンター補正用基板の可変抵抗器用ピン(6本)はんだ付け時のはんだごてをあてるポイント、実装部品やコネクタ、チップ半固定可変抵抗器にはんだごて・こて先が当たらないようにこて先向きを調整
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティックセンター補正用基板(緑基板)装着・補正調整、左右アナログスティックセンター補正用基板の可変抵抗器用ピン(6本)はんだ付け時のはんだごてをあてるポイント、実装部品やコネクタ、チップ半固定可変抵抗器にはんだごて・こて先が当たらないようにこて先向きを調整
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティックセンター補正用基板(緑基板)装着・補正調整、左右アナログスティックセンター補正用基板の可変抵抗器用ピン(6本)はんだ付け時のはんだごてをあてるポイント、実装部品やコネクタ、チップ半固定可変抵抗器にはんだごて・こて先が当たらないようにこて先向きを調整
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティックセンター補正用基板(緑基板)装着・補正調整、左右アナログスティックセンター補正用基板の可変抵抗器用ピン(6本)はんだ付け時のはんだごてをあてるポイント、実装部品やコネクタ、チップ半固定可変抵抗器にはんだごて・こて先が当たらないようにこて先向きを調整

左右アナログスティックセンター補正用基板 の可変抵抗器用ピン(6本)はんだ付け時のはんだごてをあてるポイントは、実装部品やコネクタ(画像オレンジ枠)、チップ半固定可変抵抗器(画像オレンジ枠)にはんだごてやこて先が誤って当たらないように、画像赤丸ポイントにこて先をあてるようにしてはんだごて向きを調整しています。(はんだごてを右手に持って作業する場合)

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティックセンター補正用基板(緑基板)装着・補正調整、アナログスティックセンター補正用基板の可変抵抗器用ピン(6本)のはんだ付け後、基板に付着したフラックスを無水エタノール(+キムワイプ、綿棒、歯ブラシ)で洗浄してはんだづけ完了
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティックセンター補正用基板(緑基板)装着・補正調整、アナログスティックセンター補正用基板の可変抵抗器用ピン(6本)のはんだ付け後、基板に付着したフラックスを無水エタノール(+キムワイプ、綿棒、歯ブラシ)で洗浄してはんだづけ完了

アナログスティックセンター補正用基板 の可変抵抗器用ピン(6本)のはんだ付けしたら、基板に付着したフラックスを 無水エタノール(+キムワイプ、綿棒、歯ブラシ) で洗浄してはんだづけ完了です。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティックセンター補正用基板(緑基板)装着・補正調整、左右アナログスティックセンター補正用基板と左右振動モーターのリード線はんだ箇所干渉ポイント
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティックセンター補正用基板(緑基板)装着・補正調整、左右アナログスティックセンター補正用基板と左右振動モーターのリード線はんだ箇所干渉ポイント

アナログスティックセンター補正用基板 はんだ付け後に、左右にある振動モーターのリード線はんだ付け箇所と少し干渉していることがわかりました。

ただ、わずかに干渉している程度なのでそこまで問題になることはなさそうです。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティックセンター補正用基板(緑基板)装着・補正調整、仮組して PC にコントローラーを認識後 Gamepad Tester でアナログスティックのセンター補正、ペアリング済みであれば USB コネクタのフレキシブルケーブルを接続していなくても無線接続で補正可能、左右アナログスティックセンター補正用基板にあるチップ半固定可変抵抗器を精密ドライバーで回してセンター補正、スマホクリップスタンドがあればアナログスティックのニュートラル状態を保てるためセンター補正作業が楽
デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティックセンター補正用基板(緑基板)装着・補正調整、仮組して PC にコントローラーを認識後 Gamepad Tester でアナログスティックのセンター補正、ペアリング済みであれば USB コネクタのフレキシブルケーブルを接続していなくても無線接続で補正可能、左右アナログスティックセンター補正用基板にあるチップ半固定可変抵抗器を精密ドライバーで回してセンター補正、スマホクリップスタンドがあればアナログスティックのニュートラル状態を保てるためセンター補正作業が楽

仮組して PC にコントローラーを認識させた後、Gamepad Tester でアナログスティックのセンター補正をします。ペアリング済みであれば USB コネクタのフレキシブルケーブルを接続していなくても無線接続で調整可能です。

左右アナログスティックセンター補正用基板 にあるチップ半固定可変抵抗器を 精密ドライバー で回してセンター補正します。(参考記事

スマホクリップスタンドでコントローラー正面から挟んで立てかける ことで、アナログスティックが指や地面に触れないニュートラル状態を保持できるので、センター調整がやりやすくなります。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティックセンター補正用基板(緑基板)装着・補正調整、アナログスティックセンター補正用基板を使ったスティックセンター調整後の Gamepad Tester 内容

アナログスティックセンター補正用基板を使ったスティックセンター調整後の Gamepad Tester 内容です。

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティックセンター補正用基板(緑基板)装着・補正調整、アナログスティックセンター補正用基板でのセンター調整後 Gamepad Tester でスティックを最大角度まで倒した時の AXIS 数値(AXIS0 -0.87451、AXIS3 0.89020)

私の環境ではある方向にスティックを最大角度まで倒しても、AXIS の数値が最大値(1.0 や -1.0) まで到達していません。(上の画像では AXIS 0 は -0.87451、AXIS 3 の 0.89020 まで)

ちなみにもう一組購入した アナログスティックセンター補正用基板 ではアナログスティックが上方向に暴走してしまう現象がありました。最初は 交換したアナログスティック基板 の初期不良を疑いましたが、別のアナログスティック基板に交換しても同様の現象が発生したため、おそらく アナログスティックセンター補正用基板 になんらかの問題がある可能性があります。(原因は不明)

デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティック交換作業記録、デュアルショック 4 コントローラー(CUH-ZCT2J11)分解・アナログスティック交換作業、デュアルショック 4(CUH-ZCT2J11、JDM-055 基板)アナログスティックセンター補正用基板(緑基板)装着・補正調整、AXIS の数値が最大値まで到達しなくても実際のゲームプレイでは特に問題なし、おそらく Steam の Big Picture の場合、アナログスティックのデッドゾーン外部が 0.875 に設定が機能しているためか

スティックの AXIS 数値が最大値まで到達しなくても、実際のゲームプレイでは特に問題は確認できませんでした。

おそらくですが Steam の Big Picture モードを使用する場合は、アナログスティックの デッドゾーン外部がデフォルトで 0.875 に設定 されているようなので、これがうまく機能していたのかもしれません。

結局左右のアナログスティックの入力値が低くなる現象が気になり、もう一組の アナログスティックセンター補正用基板 が完全にダメだったのに加えて、はんだ付け後に外すのが大変になるということもあって補正基板は不採用となりました。

以上の流れから、1個当たりの単価が安い金属軸の新型アナログスティック基板 のみ交換(ハズレ個体なら別の個体に交換するだけ)して、センター補正はそうとウェア上からデッドゾーンを調整 する形で済ませることにしました。

awgs
Posted by awgs