アフィリエイト・アドセンス広告を利用しています。詳細は こちら



Windows サンドボックスを使った Cheat Engine 7.5 ビルド済みファイルを入手する方法

Windows サンドボックスを使ってビルド済み Cheat Engine 7.5 のファイルを入手する方法です。

Windows サンドボックスを使った Cheat Engine 7.5 ビルド済みファイルを入手する方法


Cheat Engine 7.5 基本情報

以前 Cheat Engine 7.4 のソースコードからビルドして Cheat Engine exe ファイルを生成する方法 という記事を公開しました。

こちらの方法であればなにかとセキュリティ関連でうるさい Cheat Engine のインストール作業をしなくても済みますが、すべての機能を使えるようにするためにはその他複数のプロジェクトのコンパイル・ビルド作業が必要です。

コンパイルが必要なプロジェクトは GitHub にリストで公開されており、こちらこちら動画)でコンパイル方法が紹介されています。

ただ、すべてのプロジェクトをコンパイルしようとすると、とてつもない長いコンパイル作業が発生することになります。また何らかの原因で途中でつまづいたり、うまくいかない可能性があることを考えるとこの作業はできれば避けたいところです。ただ、セキュリティが強固なゲームや Cheat Engine に反応するようなゲームで本格的な解析をするなら、この作業が必要なところがあるかもしれません。

結局素直によくネット上で紹介されている、Windows のセキュリティ機能を一時的にオフにして Cheat Engine をインストールするしかないかと考えていたところ、仮想環境を用意してその環境にインストールして、インストール先からファイルをコピーすればよいのではないかという方法を思いついたので、その方法を紹介します。

今回用意した仮想環境は Windows 10 Pro で利用できる Windows サンドボックス です。

BIOS 仮想化支援機能有効化

Windows サンドボックスを使った Cheat Engine 7.5 ビルド済みファイルを入手する方法、BIOS 仮想化支援機能有効化、Ryzen CPU の場合 GIGABYTE マザーボード X570 AORUS PRO rev. 1.0 BIOS 画面から Tweaker タブ → Advanced CPU Settings → SVM Mode を Disabled から Enabled に変更して保存

Windows サンドボックス を利用するためにはマザーボードの BIOS で仮想化機能を有効化する必要があります。

私が利用している Ryzen CPU の場合、マザーボードの BIOS から SVM Mode を有効化します。(Intel CPU 環境の場合、Intel(VMX) Virtualization Technology という名称のようです)

上の画像は利用しているマザーボード GIGABYTE マザーボード X570 AORUS PRO rev. 1.0 の BIOS 画面です。Tweaker タブ → Advanced CPU Settings → SVM Mode を Disabled から Enabled に変更して保存します。

SVM Mode はデフォルトで Disabled となっており Enabled に変更後、BIOS のアップデートで初期化された場合は Disabled に戻されるので、この辺注意したほうが良いかと思います。

Windows サンドボックスインストール

Windows 10 Pro で Windows サンドボックス を有効化してインストールします。

Windows サンドボックスを使った Cheat Engine 7.5 ビルド済みファイルを入手する方法、Windows サンドボックスインストール、SVM Mode を Enabled に変更後、Windows 10 Pro 22H2 の Windows の設定から「Windows の機能の有効化または無効化」を開き Windows サンボボックスにチェックマークを入れて OK ボタンをクリックしてインストール

Windows の設定から「Windows の機能の有効化または無効化」を開き、「Windows サンボボックス」にチェックマークを入れて、OK ボタンをクリックします。

Windows サンドボックスを使った Cheat Engine 7.5 ビルド済みファイルを入手する方法、Windows サンドボックスインストール、SVM Mode を Enabled に変更後、Windows 10 Pro 22H2 の Windows の設定から「Windows の機能の有効化または無効化」を開き Windows サンボボックスにチェックマークを入れて OK ボタンをクリックしてインストール、「Windows サンドボックス」インストール後「今すぐ再起動」ボタンをクリックして PC を再起動

「Windows サンドボックス」インストール後「今すぐ再起動」ボタンをクリックして PC を再起動します。

Windows サンドボックスを使った Cheat Engine 7.5 ビルド済みファイルを入手する方法、Windows サンドボックスインストール、SVM Mode を Enabled に変更後、Windows 10 Pro 22H2 の Windows の設定から「Windows の機能の有効化または無効化」を開き Windows サンボボックスにチェックマークを入れて OK ボタンをクリックしてインストール、「Windows サンドボックス」インストール後「今すぐ再起動」ボタンをクリックして PC を再起動、スタートメニューから Windows Sandbox をクリックすると Windows サンドボックスが起動(実行ファイルは C:\Windows\system32 フォルダにある WindowsSandbox.exe ファイル)

スタートメニューから「Windows Sandbox」をクリックすると Windows サンドボックスが起動できます。実行ファイルは C:\Windows\system32 フォルダにある WindowsSandbox.exe ファイルです。

Windows サンドボックスに Cheat Engine 7.5 インストール

Windows サンドボックスを使った Cheat Engine 7.5 ビルド済みファイルを入手する方法、Windows サンドボックスに Cheat Engine 7.5 インストール、Windows サンドボックス上で Microsoft Edge ブラウザから Cheat Engine 7.5 インストーラーファイルをダウンロードしてインストール(通常 Windows OS 上では Microsoft Defender が反応してブロックされることがあるが Windows サンドボックスでは特に警告なくインストールが可能)

Windows サンドボックス上で Microsoft Edge ブラウザから Cheat Engine 7.5 インストーラーファイルをダウンロードしてインストールします。

通常 Windows OS 上では Microsoft Defender が反応してブロックされることがありますが、Windows サンドボックスでは特に警告なくインストールが可能です。

Windows サンドボックスを使った Cheat Engine 7.5 ビルド済みファイルを入手する方法、Windows サンドボックスに Cheat Engine 7.5 インストール、Windows サンドボックス上で Microsoft Edge ブラウザから Cheat Engine 7.5 インストーラーファイルをダウンロードしてインストール(通常 Windows OS 上では Microsoft Defender が反応してブロックされることがあるが Windows サンドボックスでは特に警告なくインストールが可能)、 Cheat Engine 7.5 インストール後デスクトップ上に作成されたショートカットを右クリックから「Open file location」を選択

Cheat Engine 7.5 インストール後、デスクトップ上に作成されたショートカットを右クリックから「Open file location」を選択します。

Windows サンドボックスを使った Cheat Engine 7.5 ビルド済みファイルを入手する方法、Windows サンドボックスに Cheat Engine 7.5 インストール、Windows サンドボックス上で Microsoft Edge ブラウザから Cheat Engine 7.5 インストーラーファイルをダウンロードしてインストール(通常 Windows OS 上では Microsoft Defender が反応してブロックされることがあるが Windows サンドボックスでは特に警告なくインストールが可能)、 Cheat Engine 7.5 インストール後デスクトップ上に作成されたショートカットを右クリックから「Open file location」を選択、Cheat Engine exe ファイルがあるフォルダへ移動

Cheat Engine の exe ファイルがあるフォルダへ移動します。

Windows サンドボックスを使った Cheat Engine 7.5 ビルド済みファイルを入手する方法、Windows サンドボックスに Cheat Engine 7.5 インストール、Windows サンドボックス上で Microsoft Edge ブラウザから Cheat Engine 7.5 インストーラーファイルをダウンロードしてインストール(通常 Windows OS 上では Microsoft Defender が反応してブロックされることがあるが Windows サンドボックスでは特に警告なくインストールが可能)、 Cheat Engine 7.5 インストール後デスクトップ上に作成されたショートカットを右クリックから「Open file location」を選択、Cheat Engine exe ファイルがあるフォルダへ移動、Program Files フォルダに移動して Cheat Engine 7.5 フォルダをコピー(Ctrl + C)してホスト側にペースト(Ctrl + V)することで 、Cheat Engine 7.5 フォルダごとコピーが可能(ドラッグアンドドロップは不可)

Program Files フォルダに移動して Cheat Engine 7.5 フォルダをコピー(Ctrl + C)してホスト側にペースト(Ctrl + V)することで 、Cheat Engine 7.5 フォルダごとコピーできます。ドラッグアンドドロップはできません。

以上の方法で目的の Cheat Engine の最新ビルド済みファイルを入手することができました。