Windows Update から各種デバイスドライバ、ファームウェアのインストールメモ

2013年09月28日
2

自作 PC に OS をインストール後、各種 Windows Update・デバイスドライバのインストール、ファームウェアのアップデート作業を行いました。

Windows Update を行うにあたり事前に情報収集を行いその内容をまとめ、どのような設定でインストールしたか、またどんなドライバやファームウェアをインストールしたのかというのをまとめました。

関連記事
Windows Update から各種デバイスドライバ、ファームウェアのインストールメモ

実際に Windows 7 をインストールするその前に、以前使用していた OS が Windows XP のころまで遡りますが、サービスパックやドライバをインストールする順番というのが大体決まっており、その通りにインストールしないと PC パフォーマンスに大きく影響を及ぼすというのがありました。

PC 負荷の大きいゲームをするにあたってはそういったパフォーマンスを落としたくないというのもあって、インストールする順番を必ず間違えないようにパッチやドライバを当てていた記憶があります。

Windows XP インストールでお世話になったサイト

Windows 7 発売から数年、サービスパック 1(SP1)も出てだいぶ成熟してきたのではないかと思いますが、Windows 7 をインストールする順番等の情報を調べてもどうもそのようなお作法的な方法はみつからず、基本的には OS インストール直後、一番最初に OS のサービスパックやパッチを最新のもの にしておけば、それ以降のドライバをインストールする順番はあまり意識しなくてもいいようです。

ただ、コメント情報 によれば Windows Update 後によるドライバ導入トラブルの可能性もゼロではないこともあるみたいなので、ほぼ毎月ある Windows Update の状況や多種多様なデバイスとドライバのことを考えれば、確かに絶対に大丈夫とは言い切れないところはあります。

とはいいつつも、やはり最新パッチ以降は精神衛生的にもなるべく過去のやり方を踏襲してインストールしていくことにしました。よって今回インストールする順番は次の通りとしました。

基本的に Windows Update ( Windows 7 )マザーボードのファームウェアやチップセットドライバ、ビデオカードなどの拡張カードドライバ周辺機器ドライバ という順番でインストールをしました。

Windows Update ( Windows 7 )

Windows 7 の Windows Update については次のルールや設定で運用・更新します。

  • 更新プログラムのインストールまたは通知方法を 「更新プログラムを確認しない(推奨されません)」 に変更
    • リリースされたばかりの最新パッチに万が一不具合があった場合に、勝手に自動的にインストールされるのを防ぐため
    • 更新プログラムの通知を PC が自動で確認するときに CPU の負荷率が高くなるため、定期的な更新プログラムの通知設定はオフ に変更
  • 更新プログラムをインストールする前にかならず内容をチェック
    • 不要な更新プログラムをインストールしないようにするため
  • 更新不要なプログラムは一覧から非表示
    • 検出された更新プログラムを今後インストールしないのであれば、対象の更新プログラムを非表示に設定して、インストール対象から除外しておく
  • Windows Update からは原則デバイスドライバは入れないと同時に非表示
    • デバイスのインストール設定を いいえ、実行方法を選択しますWindows Update からドライバーソフトウェアをインストールしない に変更
    • ハードウェア関係のドライバや余計なソフトウェアをインストールさせないために、検出された更新プログラムから事前に除外してから更新を行う
    • 更新プログラムで不要なドライバを非表示設定にしても、新しいバージョンが公開された場合は都度表示されるようなので、更新プログラムをインストールする前にからなず更新するプログラム一覧をチェックしておく
    • ただし、古いプリンタードライバなどは Windows Update からインストールする必要があるため、その場合は自動インストールできるように設定する
  • フォントをきれいに描画するフリーソフト MacType が起動していると更新プログラムが正しくインストールできないことがあるので、事前に停止 (「MacTray ロード」 で起動設定している場合は Windows Update で更新エラーにならない)
    • 今後 Windows Update を利用するにあたって、もし MacType というフォントをきれいに表示するソフトを入れて動作していた場合に、アップデートが失敗するということがあるので留意しておいたほうがいいかも
    • MacType では複数の起動モードが用意されており、このうちシステムに深く入らないと思われる 「MacTray ロード」 (さらに 「独立モード」 と 「互換性重視モード」 がある) で起動したままでも、Windows Update において更新エラーとなることは今のところなし
  • Windows 7 用 Internet Explorer 10 の導入は保留
  • Windows 7 用 Internet Explorer 11 の導入は保留
関連記事
参考サイト

マザーボードのファームウェアやチップセットドライバ、ビデオカードなどの拡張カードドライバのインストール

マザーボードに関するドライバやファームウェアは下記のサイトを参考にインストールを行いました。

以下、各ドライバやファームウェアのバージョン表記は当時インストールしたときのものなので、最新バージョンが公開されている可能性があります。

リンク先からダウンロードできるファイルは最新のバージョンになっていることがあります。

ドライバのダウンロードリンクが切れていることがあります。

この記事では一通りインストールが完了した後に、ドライバのバージョンをアップテートしたものも含まれます。

アップデートしたドライバ・ファームウェアについて、再起動のメッセージが表示されなくても念のため再起動しています。面倒な時は再起動をしない場合もあります。

ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 - BIOS

ASUS マザーボード P8Z68-V PRO/GEN3 の BIOS を最新版(2015/04/07 バージョン 3802)までアップデート。

関連記事
参考サイト

Intel Chipset Device Software ( INF Update Utility ) ( ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 )

Intel Chipset Device Software ( INF Update Utility ) バージョン 10.1.17 まで更新。

参考サイト

Intel Management Engine Interface Firmware ( ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 )

Intel Management Engine Interface Firmware バージョン 8.1.65.1568 まで更新。

MEI のファームウェアのバージョン確認は BIOS から見る方法以外に、Intel MEInfo を使うことで Windows 上から確認できます。

ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 の場合は Intel MEInfo Serie 8.x をダウンロード、同梱の info.bat を開くとコマンドプロンプトが開き Intel MEI ファームウェアのバージョンがわかります

Station-Drivers から ファームウェア更新用ツールファームウェアファイル をダウンロード・解凍します。

ダウンロードしたファームウェアファイル(ME8_1.5M_Production.bin ファイル、容量 1.5 MB)を、同じくダウンロードしたファームウェア更新用ツールの 「Local-Win」 フォルダ(FWUpdLcl.exeFWUpdLcl64.exe があるフォルダ)に 入れます

ここの情報 を参考にして、Windows 上からコマンドプロンプトを起動してコマンドを入力してファームウェアのアップデートします。(FWUpdLcl.exe と FWUpdLcl64.exe の違いはわからなかったが、今回は FWUpdLcl64.exe を使ってファームウェア更新を実行)

再起動後、BIOS または Windows 上から Intel MEInfo Serie 8.x を使って最新バージョン(8.1.65.1568)になっていればファームウェア更新完了 です。

参考サイト

Intel Management Engine Interface Driver ( ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 )

Intel Management Engine Interface Driver バージョン 11.0.11.1193 まで更新。

参考サイト

Intel Rapid Storage Technology ( Intel RST ) RAID Driver ( ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 ) → ドライバアンインストール済み

Intel Rapid Storage Technology (IRST) 12.9.4.1000 インストール後、HDD 診断・検査ソフトで HDD を認識しなくなる現象 が発生したため、12.9.0.1001 をダウンロード・インストール。(設定記事

その後、HDD から SSD 換装 のタイミングで IRST アンインストール、 Microsoft 標準 AHCI ドライバーに変更しました。(設定記事

関連記事
参考サイト

Marvell SATA Controller Driver ( ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 ) → 問題発生のためコンボカード増設、SATA - USB 変換アダプタ導入、ドライバアンインストール済み

Marvell SATA Controller Driver 1.2.0.1039 インストールして再起動後、OS 起動中に BSoD 発生。下記の方法で復帰対策後、最終的に Marvell ドライバ全部アンインストール。

Marvell SATA Controller Driver 1.2.0.1039 ドライバインストール後、デバイスマネージャ にて Marvell SATA 感嘆符のマークがつき、ドライバをロードできないメッセージが発生。

インストールしたドライバ + 感嘆符がついた Marvell SATA を手動で削除して、再起動。OS が正常に起動しなくなり(セーフモードもダメ)、スタートアップ修復 を開始するも修復不可。起動ディスクを使用して システム復元 を使ってようやく復帰。

感嘆符のついた Marvell SATA はデバイスマネージャーから 「ドライバーを元に戻す」 を実行して、「標準デュアル チャネル PCI IDE コントローラー」 に戻す。インストールした Marvell ドライバ は全部削除。

もともと Marvell には DVD ドライブしか接続していなかったのですが、BIOS の Marvell Storage Controller では IDE を指定していたため、もしかしたら Marvell ドライバのインストールは不要だったのかもしれません。

マザーボード P8Z68-V PRO/GEN3 の BIOS で、Marvell Storage Controller を IDE から AHCI に変更後、1.2.0.1048 & MSU Version 4.1.0.2027 をインストール。DVD ドライブを接続して特にトラブルなし。

Marvell SATA ポートに HDD を接続すると S.M.A.R.T.情報で C7 UltraDMA CRC エラー数が大量にカウントされてしまう現象が発生したため、USB 3.0(ルネサス) ・ SATA(ASMedia) コンボカード に乗り換え。内蔵光学ドライブを外付け化する SATA - USB 変換アダプタ 導入により Marvell ドライバをアンインストールしています。

関連記事
参考サイト

JMicron JMB36X Controller Driver ( ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 ) → 未使用のためアンインストール済み

JMicron JMB36X Controller Driver 1.17.65.11 をインストールしていたが、使う予定がないためアンインストール。

参考サイト

ASMedia USB 3.0 Firmware ( ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 )

120816_02_02_6D130201 アップデート不可? → 130125_00_02_00 まで ASMedia USB 3.0 Firmware アップデート確認。

USBDev.ru からファームウェア更新ツール 「20130328_FWUpg11100.rar」 をダウンロードして解凍。

解凍後、「ASM104FWUpdate.exe」 ファイルがあるフォルダにファームウェアファイル(bin 形式)をおいて 「ASM104FWUpdate.exe」 を実行 する。

更新用のファームウェアファイルは 「ASMedia_ASM1042_130125_00_02_00.rar」 に入っている 「131025.bin」。以前はダウンロードできたが、現在リンク切れでダウンロードができない模様。

ASM104FWUpdate.exe」 実行後に表示された画面で Accept すればあとは自動的に処理が進む。Windows の設定環境によっては途中で処理が中断されて、プログラム開始のセキュリティ警告メッセージが表示されることがあるので、都度実行ボタンをクリックする。

処理終了後に再起動を促すメッセージが表示されるので PC を再起動して更新は完了。

参考サイト

ASMedia USB 3.0 Driver ( ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 ) → コンボカード導入・乗り換えによりドライバアンインストール済み

ASMedia USB 3.0 Driver 1.16.32.1 までインストール動作確認USB 3.0(ルネサス)、SATA(ASMedia) PCI Express コンボカード 導入・乗り換えのためドライバアンインストール済み。

関連記事
参考サイト

NVIDIA Geforce Driver ( GIGABYTE GV-N970G1 GAMING-4GD )

不具合バージョンを避けつつ、なるべく最新版 NVIDIA Geforce Driver をインストール。

NVIDIA Geforce Driver 基本的なインストール手順
  1. インストールオプションは 「カスタム (詳細)
  2. グラフィックスドライバー」 と 「PhysX システムソフトウェア」 のみインストール (その他のオプションは必要に応じて)
  3. ドライバのクリーンインストールを実行 (設定がクリアされるので注意)
  4. PC 再起動
  5. ドライバを完全に削除したい場合は Display Driver Uninstaller (DDU) の使用を推奨
関連記事
参考サイト

NVIDIA PhysX Legacy System Software + AGEIA PhysX Engine

PhysX(物理エンジン)を使う一部の古いゲームによっては動作しないことがあるので、その場合は NVIDIA PhysX Legacy System SoftwareAGEIA PhysX Engine をインストールする必要があります。

注意点として NVIDIA Geforce Driver の更新やアンインストール、Display Driver Uninstaller (DDU) を使用したときに、別途インストールしていた NVIDIA PhysX Legacy System SoftwareAGEIA PhysX Engine も一緒にアンインストールされてしまうことがあるので、その場合は再度該当する PhysX ドライバを再インストールすることになります。

関連記事
参考サイト

DirectX End-User Runtime

Windows 7/8.1/10 で DirectX 9 で動作するゲームをプレイする場合に、DirectX End-User Runtime をインストールしないとゲームプレイできない可能性があります。

DirectX End-User Runtime インストールファイル
関連記事
参考サイト

Intel Ethernet Connections CD ( Intel Gigabit CT EXPI9301CT )

最新版 Intel Ethernet Connections CD をインストール。

関連記事
参考サイト

ASUS AI Suite II ( ASUS P8Z68-V PRO/GEN3 )

AI Suite II Ver 2.04.01 (おそらく最終版) と AI Suite II Patch ファイルをインストールして動作確認済み。

AI Suite II Ver 2.04.01 (おそらく最終版) と AI Suite II Patch ファイルが公開されているマザーボード
関連記事
以前インストールしていた AI Suite II

Official PAX MASTER PCI XFI Driver Suite ALL OS Stable Drivers. Default Tweak Edition → SB X-Fi Series Support Pack 4.0 ( Creative Sound Blaster X-Fi Fatal1ty PCI Card )

Official PAX MASTER PCI XFI Driver Suite ALL OS Stable Drivers. Default Tweak Edition V1.15 → SB X-Fi Series Support Pack 4.0 (サウンドドライバ変更) インストール。

関連記事
参考サイト

周辺機器類のドライバ・ファームウェアのインストール

使用中の周辺機器ドライバやソフトウェアをインストールしたときのメモです。

ロジクール レーザーゲーミングマウス G500s ファームウェア アップデート

ロジクール レーザーゲーミングマウス G500s ファームウェア 84.8 から 84.9 へアップデートしました。

関連記事
参考サイト

ロジクール ゲームソフトウェア

最新版 ロジクール ゲームソフトウェア をインストール。

関連記事
参考サイト

PS Admin IV ( プリントサーバ設定ソフト ) / PS Setup II ( プリントサーバ セットアップウィザード ) ( Corega CG-FPSU2BDS )

Windows 7 で コレガ プリントサーバ CG-FPSU2BDS を使うためには プリントサーバ設定ツール CG-FPSU2BD ユーティリティ Ver.5.0PL7 (PrintServerUtility_v500.exe) をインストールすることで利用可能。

プリントサーバ設定ツール CG-FPSU2BD ユーティリティ (Ver.5.0PL7) をインストールすると (Windows ファイアーウォールの場合) SXUPTP の通信が許可登録される。この通信を許可設定にしなかったり、削除したりするとプリンタサーバ経由でプリンタに接続・印刷することができない。

また、この状態で別のファイアウォールソフトをインストールすると SXUPTP の通信許可が無効化されることがあり、その場合は再度 プリントサーバ設定ツール CG-FPSU2BD ユーティリティ (Ver.5.0PL7) をインストールして SXUPTP の通信を許可できるようにする必要がある。

参考サイト

Canon PIXUS 860i ドライバー ( Canon PIXUS 860i ) → プリンタ処分のため削除済み

Windows Update からプリンタドライバをインストールしていたが、 プリンタ処分のため削除済み。

参考サイト

Canon IJ プリンタードライバー機能拡張モジュール ( Canon PIXUS 860i ) プリンタ処分のためアンインストール済み

Canon IJ プリンタードライバー機能拡張モジュール Ver.1.10 をインストールしていたが、プリンタ処分のためアンインストール済み。

参考サイト

USB ゲームパッドコンバータ(1P 用) JY-PSUAD1 ( SANWA SUPPLY JY-PSUAD1 )

サンワサプライ USB ゲームパッドコンバータ(1P用) JY-PSUAD1 ドライバ バージョン 1.2 ダウンロード・インストール。

参考サイト

USB ゲームパッドコンバータ(ケーブルタイプ・1P 用) JY-PSUAD11 ( SANWA SUPPLY JY-PSUAD11 )

サンワサプライ USB ゲームパッドコンバータ (ケーブルタイプ・1P用) JY-PSUAD11 ドライバ バージョン 1.5 ダウンロード・インストール。

参考サイト

USB to PS/PS2 ゲームパッドコンバータ - JC-PS101U シリーズ

エレコム USB to PS/PS2 ゲームパッドコンバータ - JC-PS101U シリーズドライバ バージョン 1.01 ダウンロード・インストール。

参考サイト
関連記事
awgs
Posted by awgs

Comments 2

There are no comments yet.

awgs

Re: インストール順序について

jyamira1さん、初めまして
コメントありがとうございます。

>> 最近ではインストールの順序として~(略)~ドライバを導入できなくなるというトラブルが発生する場合が散見されます。

なるほど、事前にある程度は情報収集したつもりですが、やっぱりというか落とし穴はあるんですね。
私の例ではたまたまトラブルに遭わなかっただけで PC 構成や Windows Update を行うタイミングによってはドライバ導入の弊害はいまだ健在と。
今回はすんなり大きなトラブルもなくうまくいったので、こんなところで躓くことはないだろうと思っていましたが、今後わんさか Windows Update でファイルが更新された後に再インストールすることがあれば注意していく必要はありますね。

>> そのため現在の推奨手順は個人的に~(略)~という順序かなと思います。

これはつまり最初に OS インストール後、各種デバイスドライバを手動であらかたインストールしてから Windows Update をしているという意味でしょうか。
Windows Update → 初期ドライバセットアップで躓く(可能性があるよう)なら、逆手順で行うという感じで。
幸い再インストール直後のトラブルからのやり直しはまだまだ時間的にも精神的にも楽というのが救いなところでしょうか。
カスタマイズしまくった後のにこういうトラブルに遭うと泣くに泣けませんからね。

2013/10/24 (Thu) 21:31

jyamira1

インストール順序について

けんさんのところから飛んできました。最近ではインストールの順序としてWindows Updateを優先すると後ほどインストールできなくなるものがあります。Windows Updateでドライバのインストールをしないということにしていても、Windowsが標準で持っているドライバはアップデートされてしまう仕様になっているためなのか、VGAの切り替え機能のあるM/B上で別体VGAのドライバを導入できなくなるというトラブルが発生する場合が散見されます。
そのため現在の推奨手順は個人的に、隠れ一番は有線LAN(前もって最新版のダウンロードをしていない場合)→実質一番はチップセット→(ストレージ=IRST)→VGA→USB…という順序かなと思います。

2013/10/23 (Wed) 21:53

英数字フィルタ、URL フィルタ、おまかせ禁止ワードを有効にしています(詳細)。コメント内容は承認後に公開されますが、コメントの内容によっては削除することがあります。